2015/02/26   Tech M&A

GoogleやFacebook等、のれんと純資産からみる海外M&A

 

GoogleやFacebook等、のれんと純資産からみる海外M&A

 

前回は国内大手IT企業ののれんについてまとめましたが、今回は海外大手IT企業6社ののれんに関する情報を整理いたしました。

 

のれんの償却に関しまして、日本基準とIFRS、米国会計基準との間には下記のとおり相違があり、国内企業と海外企業の単純な比較は難しくなっております。

 

日本基準:20年以内に定額法その他合理的な方法により償却

IFRS:償却は行わず毎期、減損テストの対象となる

米国基準:のれんの償却は行わず最低年に一度減損テストを実施する

 

日本と海外の会計基準の違いにも注目して頂き、前回記事と今回の大手海外IT企業ののれん情報が参考になりましたら幸いでございます。

 

 

大手海外IT企業ののれんと純資産(2014年12月末・1$=118円換算)

 

大手海外IT企業ののれんと純資産(2014年12月末・1$=118円換算)

時価総額10兆円以上のアメリカ上場企業を選定しております。

 


 

 

Microsoft

のれん残高:2兆5,788億円
のれん/純資産:24%
主なのれん残高:スカイプ社など

 

2011年5月には約7,000億円でスカイプ社を取得したMicrosoft社ですが、2014年には、ノキア社の携帯電話事業取得完了に伴いのれんが約6,400億円新たに計上されました。のれんの減損につきましては、2012年2Q決算において、2007年に取得したインターネット広告のアクアンティブ社に係る減損損失約4,900億円を計上したことがありました。

 

 

Facebook

のれん残高:2兆1,217億円
のれん/純資産:50%
主なのれん残高:WhatsApp社、Oculus社など

 

WhatsApp社がFacebook社に2兆円近い金額で取得されたのは記憶に新しいと思いますが、Facebook社ののれんは、このWhatsApp社取得によるのれんが大部分を占めており、のれん/純資産比率は50%を超えております。

 

 

Google

のれん残高:1兆8,359億円
のれん/純資産:15%
主なのれん残高:Nest社など

 

2014年1月にスマートホーム家庭用ハードウェア企業のNEST社を約3,300億円で取得しております。直近では2014年10月に人工知能の技術を持つDark Blue社とVison Factory社を600億円以上で取得したとの報道がありました。

 

 

Alibaba

のれん残高:7,736億円
のれん/純資産:27%
主なのれん残高:AutoNavi社など

 

2014年の海外IPOは、アリババのニューヨーク証券取引所への上場で盛り上がりました。時価総額は一時30兆円に近づきましたが、勢いそのままに2014年の1年間で36社もの投資・M&Aを実行したとのことです。2014年7月に地図ナビゲーションアプリサービスのAutoNavi社を約1,540億円で完全子会社化しております。

 

 

Apple

のれん残高:5,462億円
のれん/純資産:4%
主なのれん残高:Beats Electronics社など

 

先日発表された2015年1Q決算で全企業の四半期売上史上最高を記録したアップル社ですが、直近のM&Aは2014年8月にヘッドホンメーカーのBeats Electronics社を約3,000億円で取得しております。のれん/純資産比率が4%と他の海外大手IT企業と比べると少なくなっております。

 

 

Amazon

のれん残高:3,916億円
のれん/純資産:31%
主なのれん残高:Twich社など

 

靴ECのZappos社、ベビー用品ECのQuidsi社、ロボット開発のKiva Systems社など、多数のM&Aを実行してきております。直近では2014年8月にゲーム動画配信サイトのTwitch社を約1,000億円で取得しております。

 

 

 

関連記事

 

ソフトバンク、楽天、DeNAなど国内大手IT企業の「のれん」比較

 

 

 

TechM&Aアーカイブ

 

 

 

※本記事の情報は各企業が公開した情報や各種報道等に基づき作成しておりますが、当社は情報の網羅性や正確性を一切保証いたしません。

 

 

タグ:, , ,